シミ取りクリームのおかげか年月のおかげかニキビ跡に変化

ニキビ跡があって困っている女性は多いですよね。わたし自身もニキビ跡がいつまでも取れなくて困っている中のひとりです。ニキビ跡ってこんなにも長引くものだと、できてしまってから気が付きました。

ニキビができてそのニキビがうまく治らなかったときや、ニキビを治す途中でおかしなことになるとニキビ跡となって肌に残りやすいですね。そのことにもっと早くから気が付いていたら…と今頃になって後悔するばかりです。

ただ後悔してばかりでなにも行動を起こさないのは嫌いなので、ニキビ跡が薄くなるような対策はしています。具体的にはニキビ跡を消すクリームが市販されていて、そのクリームをニキビ跡が気になる部分にぬっているのです。それをもうかれこれ3年以上続けているでしょうか…ニキビ跡を消すクリームを使い始めたのがいつだったかはっきり思い出せないくらい前から同じ商品を使っています。

ニキビ跡が少しだけ薄くなってきたなと感じるのは、そのニキビ跡を消すクリームのおかげなのか年月のおかげなのか今のところ分かりません。だけどどちらのおかげだとしても、ニキビ跡が薄くなってきてファンデーションで隠さなくてもいいくらいにまで変わってきたことを嬉しく感じています。

ニキビ跡を消すクリームなど、ニキビ跡ケア専用サイトなどもネットを探せば見つかりますので、そこで好みのニキビケアを見つけるのもひとつの方法だと思います。
私が参考にしたサイトはニキビ跡を消す治療方法!クレーターや色素沈着を治す!というサイトで、ここで今お気に入りのニキビ跡ケアも見つけました。

対策は早くすることに越したことはありませんので、みなさんもできるだけ早く対策を進めることをオススメします。

ボールで遊んで学ぶ事

野球、サッカー、テニスにバスケットボールなど、色んなスポーツをする際、絶対に必要となる物が「ボール」です。あなたはボール遊びが好きですか?実はボールで遊ぶとある大切な事に気づかされるのです。今日は私がボールで遊んで、ある大切な事に気づかされた時の出来事をお話します。

それは、私が1人家で留守番をしていた時の事です。非常に退屈だった私は、ベッドに寝ながら天井に向けてボールを投げ、落ちてきたボールを取る、1人キャッチボールをしていたのです。最初はただ投げて取るだけでも十分楽しかったのですが、だんだんと飽きてきてしまい「何かおもしろい方法はないかなー」と色々考え始めました。そして、投げたボールをあえて避ける事や、片手で投げて取る事などの自分ルールを足す工夫をして、1人キャッチボールを続けたのです。

そんなこんなで、自分ルールを足しながらボールを投げ続け腕が疲れた私は、休憩がてら時計が置いてある方へ寝返り、時計を見ると予想以上に時間が経過していたのです。ほんの少しの工夫で時間を忘れるくらい夢中になり、私は「工夫する」と言う大切な事をボールで遊ぶことで気づかされたのです。

あなたもたまにはボールで遊んでみてはいかがでしょうか、そして何事もおもしろくする工夫を思い出していただければ幸いです。

内臓を温める!

最近暑かったり寒かったりと、寒暖差が激しいですよね。この時期は体調を崩しやすいので皆さん気を付けてくださいね。私は寒暖差で体調を崩すことはありませんが、この時期なんとなくだるくなる時があるんですよね~。で最近だるさがでてきたとき、自分の体をじっくり調べてみたんです。そして考察の末、自分の体に熱がこもっている事が原因だと解釈し、ネットで体に熱がこもる原因と対策を調べてみました。

どうやら主な原因は内臓を冷やしてしまう事にあったみたいです。確かに自分は冷たいお茶を一気に飲んだり、アイスをバカ食いしたりしてたので、内臓を冷やしていたのかなと思いました。

そこで飲み物はホットにし、アイスは一日一個までにしました。そしたらあのだるさはほとんど解消されたので、似たような症状の方がいましたら内臓を温めることをぜひおすすめします。

温かい飲み物を飲むといいましたが、少しコツが入ります。それは気温が一番高い昼過ぎに飲むことです。この時間に温かいものを飲むことによって、発汗が容易になります。発汗は体の熱の発散につながり、体の体温を下げる事ができます。また暑い昼間のうちに熱を出し切ることで、夜を快適に過ごせるようになりました。

また内臓を温めるにはしょうが湯もいいみたいです。自分は試してないので今度やってみようと思います。

毎朝の風景

慌ただしい毎日の家事はとても大変です。まず、6時に起床し小学2年の娘を起こします。

目覚まし時計をセットしているにもかかわらず起きません。ここで毎朝あーまたかーとつぶやきが入ります。そして今度は、朝食です。

またですか〜みーちゃん。食べ終わりの食器片づけずに、小休憩に入ってくつろいでいるのです。もうそろそろ準備しないと遅れます。

はやく洗顔に歯磨きをして下さい。その間にパパのお弁当を作ってしまいましょう。いつも同じメニューです。何も文句一つも言わずにいつもありがとうございます。ところでみぃちゃんは、もう準備できたのでしょうか、不安です。

不安的中しました。いつものテレビでゲームをしているんです。はやくはやく、制服を着て下さい。

えっ、今度は何、靴下が、なかなか綺麗にいい形で履けなくて脱いだり履いたりと、繰り返ししているのです。うそだ、泣きがはじまりました。

もう、6時50分になります。集団登校だから7時10分には行かないと間に合いません。まだまだ幼いんだね。こんな事してあげられるのも後どれ位あるのだろうと考えると、何故かイライラしていた自分が消え去り、やさしい母親になっているんです。

そんなこんなで、娘の準備完了です。満面の笑みで、行ってらっしゃい、と大きく手を振っている私です。