毎朝の風景

慌ただしい毎日の家事はとても大変です。まず、6時に起床し小学2年の娘を起こします。

目覚まし時計をセットしているにもかかわらず起きません。ここで毎朝あーまたかーとつぶやきが入ります。そして今度は、朝食です。

またですか〜みーちゃん。食べ終わりの食器片づけずに、小休憩に入ってくつろいでいるのです。もうそろそろ準備しないと遅れます。

はやく洗顔に歯磨きをして下さい。その間にパパのお弁当を作ってしまいましょう。いつも同じメニューです。何も文句一つも言わずにいつもありがとうございます。ところでみぃちゃんは、もう準備できたのでしょうか、不安です。

不安的中しました。いつものテレビでゲームをしているんです。はやくはやく、制服を着て下さい。

えっ、今度は何、靴下が、なかなか綺麗にいい形で履けなくて脱いだり履いたりと、繰り返ししているのです。うそだ、泣きがはじまりました。

もう、6時50分になります。集団登校だから7時10分には行かないと間に合いません。まだまだ幼いんだね。こんな事してあげられるのも後どれ位あるのだろうと考えると、何故かイライラしていた自分が消え去り、やさしい母親になっているんです。

そんなこんなで、娘の準備完了です。満面の笑みで、行ってらっしゃい、と大きく手を振っている私です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です